AET

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前のページ  «   |  TOP  |   »  次のページ

和裁教室日記


今日は 和裁教室の日。
まず先生が仕立て直しを頼まれたと言う四つ身の着物を見せてもらいました。
おばあちゃんの昔の羽織をお孫さんの七五三の着物に直した物で 
赤い絞り模様がとってもステキな物でした。
あぁ 写メ撮っておけばよかったな〜
私の他は お孫さんかお年頃の子供さんがいる方ばっかりなので
皆さん 食い入るように見てました。

背縫いの宿題を終わらせて行ったので おくみと身頃の印し付けです。
今回も切り仕付け。生地を切らないように注意しながらつけました。
今回の宿題は脇縫いと耳のくけ縫い、出来たらおくみも付けておいでと言われましたが そこまでは無理です・・・

関連記事
前のページ  «   |  TOP  |   »  次のページ

コメント

関西と関東では順番が違うんですね~そういえば襦袢は関東仕立てとかありますね・・
チクチクしすぎて肩こりすごいので おくみ付けはキツいかも・・
  • こぱんだ

2006/09/17 Sun 12:31 URL [ Edit ]

仕立て方違うのねえ。
うちの先生は 背縫いは5本の中で一番最後です。
背縫いをしてから身巾のしるしをつけるのは関西の仕立て方だって聞きました。その方が2枚いっしょにしるしがつけれるので効率よいんですよね。
おくみまでつけていくと 次は衿付けかなぁ? 衿が付いたら早いですよー。
もしかしたら 10月にかかるけど単衣着れるかも。

2006/09/16 Sat 22:27 URL [ Edit ]

コメントする

トラックバック

最新記事

最新コメント

♪ おすすめ ♪

PR

まとめ
Powered by FC2 Blog
design by hacca*
Copyright © ♪こぱんだのチープなお着物生活♪ All Rights Reserved.

カテゴリ

リンク

楽天

♪おすすめ♪

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。