羽織の裄直し


今 和裁教室では羽織の裄直しをやってます。
元々 お直しを教えてもらいたくて始めた和裁。
まずは運針の練習と単を縫ったり 長襦袢縫ったりしましたが
そろそろ縫い目も揃いだしたかな(←まだまだガタガタですが・・)と
お直しに取り掛かりました。
まず袖をはずしてしまって 袖幅一杯まで出します。
身頃側もギリギリまで出します。
赤い方の羽織は裏地の生地の縫込みが少なくって 少ししか
出せそうになかったんですが 先生が「裏なら布を足せばいいのよ」と
おっしゃって無事いい感じになりました。
さすがプロだな〜としみじみ思いました。
羽織は大量に持っているのでまだまだお直しは続きます。
先生から「いったい何枚羽織もってるの?」という突っ込み頂きましたが
何枚だろ?自分で把握できないくらいです
同じものばかり連続して縫うと良く覚えると言うのは本当ですね。
だんだん先生に聞く回数が減ってきました。←でもしばらくやらないと
すぐ忘れてしまうんですが・・
裄出しはお直しに出せば5〜7千円はかかるそうなので
2千円/月の和裁教室で出来るようになれば大儲けですね

今回もおチビのピースマークが邪魔しています
写真撮ってるとすぐ入りたがるんだから・・
 
関連記事
Secret

カテゴリ

リンク

楽天

♪おすすめ♪

検索フォーム

月別アーカイブ