スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌襦袢をうそつき襦袢に改造


買ったまま袋も開けていなかった肌襦袢を発見。いつも肌襦袢なんて着ないでキャミやババシャツを愛用しているので使わないんですよね。これも着付けを習う時に必要と言われて揃えた物なんですが 未だに未開封でした。袖がレースの筒袖になってるので半衿がついてたらうそつき襦袢にできるのに・・と思ったので改造してしまいました。
帯を作るのに買っていた三河芯を縫い付けてみました。手持ちの半衿付き襦袢を見ながら三河芯を衿幅に畳んでアイロンを掛け ミシンで縫い付けました。(ホントは手縫いの方がいいんだろうけど 面倒くさいので) 肌襦袢は長襦袢と比べると衿の開きが大きいので 肩の所をつまんで縫って開きを狭くしました。
もう1枚 筒袖のワンピース肌着があったので それも三河芯付けて改造しちゃいました。
これで 袖丈の違う着物もへっちゃらです
関連記事

そうなんですよ。

古着の袖丈や裄って微妙にサイズが違うので
長襦袢が合わないんですよね。
だいいち長襦袢だって古着屋さんで買ったし・・
これなら 袖が長くても短くてもへっちゃらだい!

Unknown

おお♪これは強い味方が出来ましたね~♪
Secret

カテゴリ

リンク

楽天

♪おすすめ♪

検索フォーム

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。